case

フルタイムで働くママとお年頃の息子さんのための家事ラク動線と適度なコミュニケーションがとれる築浅マンションリノベーション

この度は、無事にリノベーション工事が終わりまして、本当にありがとうございました。お風呂をとにかく直したいというところから始まったものが、全面改修になり、一から好きなものを選んで設計できるということに、最初は戸惑いながらも、アドバイスをいただきながら考えるのがとても楽しかったです。優柔不断な私に、分かりやすくイラストを書いて説明してくださったり、きめ細やかな対応に感謝しています。毎回の打合せが楽しみでした。

 住み始めて1ヶ月がたち、だんだんと慣れてきて明るいキッチンで 寂しくなく台所仕事をしています。高校生の息子の友達も遊びに来るようになって 子どもの友達関係も分かるようになりました。息子の友達がキッチンで料理してくれたりして、予想外の楽しいことがあります。

 シンプルで素敵な部屋をこれから大切に使っていきます。また何かありましたら、よろしくお願いします。

神奈川県川崎市、築13年とまだ築浅のマンション。設備や内装もさほど傷んでいませんでしたが、住みにくい間取りで日々不自由を多く感じていらっしゃったので、思い切ってフルリノベーションをご提案させていただきました。68㎡のマンションの間仕切り壁や設備などをすべて取り払い、工事期間約4カ月、費用約1500万円(税金、設計料込)をかけて、K様ご家族のライフスタイルにフィットする住まいにつくりかえました。

お客さまの要望

  • 小さな収納があちこちに分散しており、モノを使う場所と収納する場所が合っていない。どこに何を収納したか分からなくなり使いにくい。
  • 玄関と廊下に自然光が入らず暗い。
  • トイレの排水音が洋室に漏れる。(マンション共用の排水管が洋室に隣接していた)
  • キッチンが奥まった場所にあり、暗く閉ざされているので、料理が楽しくない。
  • リビングが窓に対して縦長の配置なので暗い。幅も狭くて使いにくい。

設計のポイント

日々の時間の使い方や、家事のやり方、収納する物を細かくヒアリングさせていただき、K様ご家族のライフスタイルに合わせた間取りや収納をご提案させていただきました。

LDK

有効活用されていなかった個室をなくして、広々としたリビングに間取りを変えました。窓から光が差し込み、家族が気持ちよく過ごせるリビングになりました。

料理をしながら家族とコミュニケーションがとれる対面キッチン。家電や食器・日用品をまとめて収納できる大容量のパントリーも設けました。使わない時は引戸で隠すことができるので、リビングからの見た目もすっきり。仕事で忙しくても、日用品をまとめ買いしてストックしておける心強いスペースです。

洗濯スペース

仕事から帰ってきてから短時間で家事ができるよう、キッチンと洗濯スペースとお風呂が一続きのスムーズな家事導線になるよう設計しました。

玄関

玄関からリビングまでの廊下を短くすることで、光と風が入る心地いい玄関に。物がなくすっきりした玄関をキープできるよう、シューズインクロークも設けました。忙しい朝に家族がすれ違ってもストレスがないよう、玄関と廊下の幅を広く確保しています。

和室

主寝室として使う和室。昼間は引戸を開ければ、リビングと一体的に使えます。雑多な物をすぐに片づけられるように、リビングと和室の両方から使える大容量のウォークインクローゼットを設けました。

トイレ

カウンターを設置することで、小物を置いたり、手をかけて立ち上がりやすいよう配慮しました。