case

着付け教室やギャラリーをひらくホームサロンのある家。趣味を通じて地域の人とつながる3世代住宅

三世代4人家族の我が家。みんなのお気に入りは、一階玄関を上がるとまっすぐな広い廊下で、正面は庭が見えるようになっている所です。一階のサロンは友人を招いてお茶会をしたり、おばあちゃんの絵の展覧会をしたり、部屋をシンプルにしたので、どのような催しにも合うように部屋が使えるので気にいってます。また、日当たりのよい二階をリビングにしたので、一階に個室があるおばあちゃんの上り下りが心配でしたが、反対に良い運動になり足腰がとても丈夫になりました。全体にシンプルで明るく広々とした家は、三世代が一緒に楽しく暮らせる家ですね。

東京都大田区の木造2階建ての新築住宅。一人暮らしになった祖母と、子世帯が同居するために、祖父母が長年暮らしてきた実家の土地に3世代(祖母+夫婦+20 代息子)で暮らす家を建てました。世代の異なる家族が、お互いのライフスタイルを尊重しつつ、仲良く暮らしていける家になるよう、家族が集まる広々したリビングダイニングと、それぞれの独立した個室を確保。また1階の一部には、祖母や奥さまの趣味である着付け教室やギャラリーなどを開けるホームサロンを設けました。年末年始に大勢の親族が集まるスペースにも。将来、家族構成が変わった時に、賃貸にもできる間取りとしています。工事期間は約 4 ヶ月(設計期間を除く)。

お客さまのご要望

  • 家族みんなで賑やかに食事ができるダイニングがほしい。人数が増えても対応できるようにしておきたい。
  • キッチンは、祖母と奥さまが並んで料理ができ、みんなとも会話ができるようにしたい。
  • 奥さまの場所になる家事コーナーを作ってほしい。
  • 家族それぞれの趣味を大切にする暮らしをしたい。
  • 個室はしっかり独立させたい。
  • 風水を意識した間取りにしてほしい。
  • 親族が集まる実家としての役目と仏壇置場を配慮してほしい。
  • 親世代が暮らしてきた土地なので、近隣にも配慮した住まいにしたい。

設計のポイント

リビングダイニング

都心の住宅地で、四方を高い建物に囲まれていたため、日当たりのいい2階にリビングダイニングを配置しました。隣家からの視線を避けるために斜め天井や天窓にすることで、プライバシーを確保しつつ、開放的で明るいリビングダイニングを実現しました。各部屋や廊下の収納はすべて、使いやすい奥行きや手が届きやすい高さ一つ一つ体験していただきながら決定しました。

キッチン

リビングダイニングとつながりのある対面キッチン。カウンターを高くして手元を隠せるように配慮しました。カウンター下には、家族みんなが良く使うリモコンなどの小物を入れられる収納棚を設置しています。

和室

来客時のゲストルームや、食後のくつろぎの場として活用できる和室。和室との間仕切りの引戸を開ければ、リビングの延長として広々と使えます。壁と天井には、部屋の空気環境を大きく改善し、シックハウス対策にも適したシラス塗を使用しています。

ホームサロン

祖母や奥さまのご趣味である、着付け教室やギャラリーがひらけるサロン。年末年始などに大勢の親族が集まる、実家の役目も果たしています。将来は賃貸として貸しだせるよう、玄関を独立させ、トイレや簡易キッチンも設置しています。

階段・廊下

リビングとの間仕切りに透明ポリカーボネートを使用することで、太陽光が差し込む明るい空間になりました。

風水のポイント

トイレやお風呂などの水まわりの位置や、ご主人の部屋の位置、風水の欠けや出がないシンプルな平面を心がけて、間取りを設計しました。
家にいる時間が多くなった祖母や夫、遊びに来る幼い孫たちのために、内装には自然素材の塗り壁、シラス壁を使用しました。消臭・調湿機能、空気清浄化作用、VOC 成分吸着作用に優れています。

外観

風水的に欠けや出がない建物にするため、外観は真四角に。サイディングを下地とした塗り壁工法にすることで、シンプルな外観に仕上げました。通気計画に考慮し、風通しのいい住まいとすることで、エアコンをできるだけ使わなくても、一年を通して快適に過ごせる住まいになりました。