case

適材適所の収納で、物がないすっきりしたリビングを実現。在宅ワークもはかどる、シンプルな和モダン空間へリノベーション

今回一時帰国でやっと家をみることができました。予想以上の完成度高さで大変感謝しております。特にリビング、日本間、玄関はとても気に入っております。これからは、自宅で過ごす時間が多くなるので、楽しみにしております。

海外赴任からの帰国を機に、以前は賃貸で暮らしていた神奈川県川崎市にある築30年のヴィンテージマンションを購入された H 様ご家族。お仕事引退後の暮らしまで見据えて、終の棲家として快適に暮らしていけるよう、フルリノベーションを行いました。設計打合せ時は海外赴任されていたため、設計のお打合せはテレビ電話(skype)やメールを活用して進めさせていただきました。

お客さまの要望

  • 物が表に出ている様子がストレスなので、すっきりさせたい
  • 在宅でも快適に仕事ができる環境を整えたい
  • 和モダンのインテリアにしたい
  • 海外で暮らしていた家のように、広々としたホテルライクな水まわりにしたい。
  • 終の棲家として考えているが、将来どうなるか分からないので、売却がしやすい資産価値の高い家にしておきたい

設計のポイント

ご夫婦のライフスタイルに合わせて、将来にわたって安心で快適に暮らしていける間取りや収納、設備機器をご提案させていただきました。インテリアには、空気をきれいにする塗り壁「中霧島シラス」や和紙のプリーツスクリーン、朱色のアクセントクロスなど、随所にこだわりの和のアイテムを使い、H様のお好みに合わせた和モダンなインテリアに仕上げました。工事期間約3カ月のフルリノベーションでは、表面的に新しくするだけでなく、給排水、電気、換気などの配管設備もすべて交換し、断熱性や耐震性にも配慮しています。

リビングダイニング

最上階で天井の高いリビングダイニングの良さが活きるよう、オープンな対面キッチンに変更。さらに、リビング横の和室と一体的に使える間取りにしたことで、広々と開放的な空間になりました。壁付けテレビを採用したり、リビング横にもすぐにしまえる大容量の収納を確保したことで、リビングダイニングにはいつも余計な物がなくすっきり。窓の景色を眺めながら食事をしたり、集中して仕事ができる場所になりました。西日と電車の騒音が懸念されたので、窓ガラスを遮熱・遮音効果のあるペアガラスに交換しています。

和室

和室の壁と天井には中霧島壁を塗り、落ち着いた和の風合いに。中霧島壁には、調湿機能や空気をきれいにする機能も。インテリアのアクセントになる朱色の和紙のプリーツスクリーンを採用しました。ご先祖様を大切に考えられており、大きな仏壇置場はしっかりと確保しつつ、普段のお布団もしまいやすいように押し入れも確保しました。

キッチン

大容量の収納とパントリーをつくり、雑多になりがちなキッチン用品や家電、ストックをすっきり収納できるようにしました。

お風呂、洗面、トイレ

オリジナルの洗面台と収納、大きな鏡を造りつけ、ホテルのようなスタイリッシュな洗面スペースに。断熱浴槽を採用したシステムバスや、節水に優れた最新式のタンクレストイレを採用し、快適な水まわりスペースになりました。

ロフトスペース

折り畳み式のはしごが使いにくかったロフトスペース。階段をウォークインクローゼット内部に造りつけ、かさばる季節ものや使用頻度の低い書籍などの置き場所として有効活用できるよう、作り変えました。

その他

寒く、結露があった北側の個室。二重サッシで断熱性能をアップさせ、快適に過ごせるよう配慮しました。