リフォームしたいあなたへ  「住まいのスタート支援」でご相談ください

お客様からのこれからリフォームしたい物件を 建築士のプロの目線で診断・アドバイスをいたします。
まずはリフォームする前に 知って欲しいことがいくつかあります。

リフォーム工事の請負業者には、資格や許可もなく届出も不必要な場合があることを知っていますか? 
住宅の新築には、設計や工事管理において、国に認められた資格が必須です。ところが、一般的なリフォーム工事のほとんどは適用外になります。特に500万円以下の工事であれば 資格を持っていなくても 経験がなくても 誰でも工事ができます。リフォーム会社は、資格や許可もなく開業できてしまうので 経験が全くない業者や悪徳な業者もあり、工事が終わった後にすぐに倒産して連絡がつかなくなることも現状なのです。こうした事実を知らずに、自宅のリフォームを任せて後々困っている方が多いことはとても残念です。リフォームこそ 資格と経験がある専門家に相談してください。

リフォーム工事は新築工事より簡単にできると思っていませんか?
全部を作るより部分だけを修理するのだから簡単、と思えるのかもしれませんね。しかし 実は 部分だけを直す方が 難しいことがたくさんあります。
古い部分を残したまま新しく設置したり改修したりする方が 知恵も経験も必要になります。
工務店の現場監督も新人には新築を任せ、ベテランにはリフォーム工事を任せたりすることも多いのです。
リフォーム工事は予想外のことも起こるので、とっさの判断や対応が必要です。決して簡単に考えてはいけません。

例えば 短期間で設置できるユニットバスの交換などは 特に気を付けて欲しい工事例です。
見た目がきれいになって、すぐに使えるようになった方が 嬉しいかもしれません。しかし 古いさび付いた配管など交換しないで 古いものにそのまま直接つなげられている場合もあります。せっかくきれいにしたのに また解体してやり直さなければならないことさえあります。
後々見えなくなってしまう箇所こそ 解体した時にしっかりチェックしてください。老朽化した部分を交換したり、その時に見える部分だからこそ、できる工事をしておく必要があります。その判断には経験が必要です。後で余計な費用をかけないためにも 同時進行させておくべきリフォーム工事があることを理解し対応することがとても大切です。

住みながらのリフォーム工事で よくある注意です。
リフォームする箇所が 一時的に使用できなくなる設備や部屋などには お客様自身も注意を払い、覚悟をしてリフォーム工事に臨むと思います。しかし、リフォームしない部分にも影響が出ることが多々あります。例えば 職人さんが出入りする通路や工事の資材置き場も必要になります。キッチン工事の場合は 電気、ガス、水道が一時的に止められまので、トイレや洗面所やお風呂、洗濯や洗い物などにも影響があります。
また工事は 天候にも左右されることもあります。
毎日工事があると朝早くから職人さんが来ますし、心身共に疲れるものです。
住みながらの工事は 特に工程を把握して 余裕を持ったスケジュールで工事日程を決めてください

リフォーム工事の目的を明確にしましょう! 
リフォーム工事には とりあえず壊れたものを直すだけの工事と
これから先のことを考えてより良いものに改善していくための工事があります。
例えば、古いトイレが壊れたので最新のトイレに交換する工事は 直すだけの工事です。
子どもを育てる上で より良い環境と習慣を身につけさせたいと思っての工事は より良いものに改善していくリフォーム工事です。特に 改善していくリフォームは しっかり考えて形にする必要があります。見た目の形だけではなく暮らし方を考える必要があります。弊社のリフォーム相談は より良いものに改善していくことを得意としています。

こんなリフォーム事例があります。

子育てに環境の良い住宅地の中古物件を購入された30代前半のご夫婦。中古物件の戸建て住宅を購入するだけで ローンも手持ち資金もギリギリでした。でも幼い子供たちのために 生き物を飼いたい。動物が自由に飼える暮らしがしたい。中古物件を買った目的も 目指す暮らし方もありました。まずは 熱帯魚!特別大きな水槽を置くために 中古物件の床は耐えられるのか?限られた予算の中で最優先するリフォーム部分はすぐに決まりました。家族みんなが楽しめる自宅水族館ができあがりました。以前のマンション暮らしではできなかった夢を叶えました。次は庭で犬を飼い、自由に走らせられる準備をするそうです。リフォームは 優先順位をつけて 少しづつやりたいことをする楽しみがあります。
リフォームする目的を明確にして 無駄な費用をかけない有意義なリフォームをしましょう。


弊社は
お客様のこれから先のこと(例えば 家族の変化・夢や希望等)を伺わせていただきます。
安全・安心して暮らすだけではなく、お客様自身の価値観にあった暮らし方の軸を明確にして、10年後20年後までを見据えたリフォーム工事のアドバイスをしています。

まずは あなたのリフォーム物件についてご相談ください。
下記 定額料金コースより選択して こちらからお申し込みください。

お申込みされたら 物件の資料をメールでお送りください。
お客様から提供された物件資料を基に 間取り・建物の検討をいたします。
お振込みの確認と事前に送られた資料を基にこちらの準備ができましたら、リモート相談日を決めさせていただきます。
(耐震診断等は 含まれませんのでご了承ください。)

定額コースプラン

①手軽に相談(1回 約90分)リモート相談1回 33,000円(税込)

②詳しく相談(期間1ヶ月)リモート相談2回(いつでもメール相談)、現場調査対面相談1回、ラフプラン作成  110,000円(税込)

③じっくり相談 (期間2ヶ月)リモート相談3回(いつでもメール相談)、現場調査対面相談1回、ラフプラン数回作成  220,000円(税込) 

定額コース後に具体的なリフォーム工事・インテリア・オーダー家具等の設計コンサルタントを依頼する場合は『設計監理委託契約』に進みます。
定額コースプランから  『設計監理委託契約』 に進んだ場合は  設計監理委託契約料金の一部に それまでの相談費用を充当いたします。


【参考】建築法で決められている必ず建築士に頼まなければいけない物件について
「建築物を増築し、改築し、又は建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をする場合」
「高さが十三メートル又は軒の高さが九メートルを超えるもの」
「木造の建築部以外の場合、「延べ面積が三十平方メートルを超えるもの」
「木造の建築物にあっては、三百平方メートル」を超えるもの
「階数が三以上の建築物 」
 以上が建築士法第3条です。