こんにちは。50歳からの生き方を楽しくする新築&リフォームを行う、横浜・川崎の女性一級建築士事務所、アキ設計のブログです。

テレワークを採用する企業が増加している今、自宅の環境も 見直しが必要とされています。

個人事業主や副業も増え、50代以上のセカンドシニア世代の方も、ますます自宅で仕事をする人が増えるでしょう。

オフィスと自宅では 環境が異なるため、自宅での仕事をはかどらせるために、住まいにおける工夫が必要です。では、どのような工夫が必要なのでしょうか? そのポイントをお伝えします。

ゾーニングの工夫

テレワークでは、会社以外の場所で仕事が進められるため、
通勤の時間を節約できたり、
子育てや介護をしながら、自分のペースで仕事が進められたりと
メリットが大きいのですが、

逆に、
ONとOFFの切り替えが難しいのが、
最大のデメリット。

家族が近くにいると
仕事が思うようにはかどらなかったり、
つい家事をしてしまったり。
だらだらと長時間仕事をしてしまったり。

そのため、
メリハリをつけた空間を意識する必要があります。

具体的には、

  1. 間取りから決める場合、LDKとは別にもう一部屋あると理想的。

    玄関近くに仕事場があれば、
    仕事をプライベートに持ち込みにくくなります。

    個部屋が確保できないようであれば、
    部屋の一角に、書斎コーナーをもうけます。

    今では、家事室をもうける住まいも増えてきたので、
    家事室を広めにとり、
    仕事場兼用として、うまく活用できれば
    新たに書斎コーナーをもうけなくて済みます。

  2. 壁紙の色を作業する一面だけ変えてみたり、
    タイルカーペットやラグなどをデスクの下に敷き、
    床材を部分的に変える。

    色彩やゾーニングの効果により、
    意識の切り替えがしやすくなります。

  3. 育児をしながらの仕事の場合、
    子供に大事な書類を汚されてしまったり、
    パソコンをいじられないよう、
    子供の年齢に応じて手が届きにくい置き場所を考えましょう。

作業時の工夫

会社と同様に パソコン作業がしやすく、
作業に集中できる環境を整えましょう。

  1. コンセントの数・場所・高さを見直す。

    パソコン・プリンタ・照明・FAXなど、
    電子機器の利用が増えるため、
    場合によっては、
    コンセント増設工事をした方がいいかもしれません。

  2. プリンタを置く場所の確保と工夫

    仕事には欠かせない、プリンター。
    サイズが大きいため 事前に置き場所を確保する必要があります。

    でも今は、wifiが整っていれば、
    好きな場所に設置できるため、
    こんな風に収納に収めてしまえばスマートです。


    (アキ設計事例「デザイン家具」より

  3. ケーブル類が邪魔にならない収納やボックスを用意する。

    パソコンのアダプターは意外と大きく、
    ケーブルも増えると 
    デスク周りはどうしてもごちゃついてしまいます。

    配線をスッキリまとめる便利なグッズも市販されているので、
     
                    (出典:https://trinity.jp/product/CableBox/)
    そういったものを活用したり、
    デスク下に一枚板を造作して、
    コード類の収納スペースをつくると良いでしょう。

  4. デスク周りに、作業時に必要な照度を確保できる
    照明を用意する。

    調色機能のついたLEDなら、
    作業時、リラックスしたい時などシーンに応じて
    照明の色を変えることができます。

  5. オフィスチェアを使用したときの注意
    床がフローリングの場合、椅子によっては傷つきやすくなります。
    タイルカーペットなら、
    必要なスペースだけ部分的に敷くこともできます。

  6. 集中しやすいインテリアカラーを取り入れる

    子供部屋にも採用されやすい、ブルーは
    集中したいときにおススメの色。

    クラシックブルーは、
    今年のトレンドカラーでもあります。

            (出典:https://www.pantone-store.jp)
    部分的に取り入れても良いでしょう。

プライバシーの確保

テレビ会議やオンラインチャットをする際、
在宅ワークとはいえ
プライバシーが丸見えになってしまうことがあります。

生活感が出過ぎてしまうのは、
見える相手への印象もあまり良くはありません。

カーテンやロールスクリーンなど、
仕事のときだけ一時的に仕切れる
パーティションがあると便利です。

作業の効率化

仕事と家事と、
ときには子育てや介護と両立するための、
時短になるアイディアをうまく取り入れましょう。

たとえば、
スマートスピーカーを取り入れて
家電製品を音声だけで稼働させるなど
今はスマートホームに向けた
便利なアイテムが揃っています。

住宅性能への考慮

自宅で仕事をする時間が増えてくると
光熱費もかさむため、
冷暖房効率の良い住まいにしましょう。

外気からの冷えが一番伝わるのは、窓。

たとえば
ブラインドだけだった窓を
空気層のあるハニカムシェードにする、

             (出典:https://www.toso.co.jp)

カーテンボックスを取り付ける、などの工夫で
断熱性能を高めることができます。

まとめ

住まいは今や、家族がくつろぐだけの場所ではなく、
仕事をする場であったり、
家開きで交流する場であったりと、
フレキシブルに対応できる場へと変化してきています。

プライベートとの切り分けをうまく行い、
様々な工夫で

テレワークのデメリットを感じさせない住まいにすることが、
これからの住まいに求められるといえるでしょう。

 

アキ設計へのお問い合わせはこちら