こんにちは。
人と繋がる暮らし方「家開き®」を提唱する横浜・川崎の女性一級建築士事務所 アキ設計です。

新型コロナウィルスの影響で、在宅で仕事をする人が増えましたね。子育て中のママが多いアキ設計でも、以前から積極的に在宅勤務を取り入れています。

ただ、いざ家で仕事をしようと思っても、なかなか集中できない人が多いようです。

私も当初、ダイニングテーブルにパソコンを持ってきて、仕事をしていたのですが
・食洗器が回っている音
洗濯乾燥機が回っている音
ついついお菓子を食べすぎてしまう
など、が散ってなかなか集中できませんでした。

仕事に集中できる環境とは?

そもそも集中できる環境とは何でしょう?

雑誌にでてくるような立派な書斎をつくらなくても、実は、ちょっとした工夫で十分仕事に集中できる環境をつくることはできます。

一番最初にすべきことは、気が散らない環境をつくることです。

そんなこと当たり前では?と思うかもしれませんが、みなさんの仕事スペースには、仕事に関係のないものが散らかっていませんか?知らず知らずのうちに意識が分散して、集中力が途切れてしまいます。

今日は『今すぐできる、仕事に集中できる環境の整え方 3つのポイント』をお伝えします。

1. いつも過ごしている場所から移動する

ダイニングやリビングで仕事をしている人も多いかもしれません。

短時間であれば問題ないかもしれませんが、一日仕事をするとなると、やはり生活感がある場所では、集中力が持続しない人が多いのではないでしょうか?

いつも過ごしている場所では仕事モードに切り替えられないという人は、まず、別の部屋に移動してみましょう!

わが家の場合は、2LDKの狭いマンションに住んでいますが、まだ子供が小さいので、あまり活用されていない1部屋の一角に、デスクを置いて書斎スペースとしています。

わが家は、2人座れる大きめのデスクをDIYで作りましたが(IKEAの引き出しに、集成材を載せただけのものです)、もっとコンパクトなものでOKです。

この部屋に移動するだけで、仕事モードに切り替えられるようになりました。

 

2. 整理整頓

油断するとついつい、書類や小物が、机の上に置きっぱなしになっていませんか?

自分では気にしていないつもりでも、机の上が散らかっていると、潜在意識下で、余計なことを考え始めてしまいます。結果、集中力の低下につながります。

視界に入る場所に置いてあるものは、全て片づけましょう。必要なものだけが机の上に置いてある状態にしましょう。

そして、片づけた後は、机の上を濡れた布巾でふくのがおススメです。意外と、机の上はホコリが溜まっていて、水拭きすると、布巾が真っ黒になることも。水拭きするだけで、気分をリフレッシュして仕事をスタートできますよ!

 

3. 明るく、あたたかく

意外と見落としがちなのが、明るさや温度です。

暗かったり、足元が冷えたりすることも、集中を妨げる原因になります。

暗ければ、デスクライトを足してみたり、足元が寒ければ、足元用のヒーターを置いてみたりして、快適な明るさや温度になるよう、一度見直してみましょう。

明るさに関しては、窓に向かって机を置いてみるのもおススメです。イメージとしては、カフェの窓際の席。窓から少し空が見えるだけでも、気分転換になります。

わが家も、以前は壁に向かって机を置いていたのですが、窓に向かって机を置いてみたところ、自然光が入る環境で、気持ちよく仕事ができるようになりました。

※PC機器類に直射日光が当たらないように注意ください。

ぜひみなさんも試してみてください。

 

集中できる在宅ワーク環境 まとめ

1.いつも過ごしている場所から移動する

2.整理整頓&机の上を水拭きする

3.明るく、あたたかく

 

アキ設計では、住まいづくりはもちろん、家開きに関するコンサルティングも行っています。

 
著者:竹内陽子
監修:アキ設計