こんにちは。人と繋がる暮らし方「家開きを提案する、
横浜・川崎の女性一級建築士事務所 アキ設計です。

先日、
子育てを意識したリノベーション物件が竣工しました。

お孫さんのいらっしゃる、
シニア世代のマンションのフルリノベーションです。

シニア世代ということですが、
お孫さんが毎週のように
遊びに来たり 泊まりに来たりするということで、

ママが安心できるリフォームを心がけました。

子育てを意識したポイントは3つ。

①子どもの顔が見える安心キッチン

以前の間取りでは、
キッチンが、扉付きの独立した個室となっていたため、

(リフォーム前写真)

料理している間は
リビングダイニングを見渡すことができませんでした。

そこで、
キッチンの壁を取り払い、
キッチンカウンターをダイニング側にも向けることで、

お料理しながらも
安心して子どもを見守ることができるようになりました。

②子どもが遊べる・泊まれるスペースを確保

ダイニングとリビングだけでは
子どもが遊ぶスペースとしては少し手狭です。

そこで、リビングの横にある部屋を、
子どもが遊んだり、お泊りできるスペースとして確保しました。

引き戸を閉めれば、ゲストルームとして使えますし、

普段は引き戸を開けておけば、
リビングと一続きになり、広々!

キッチンカウンターから
ゲストルームも見渡せます。

 

③クローゼットの収容力アップ

以前は、奥行が深くて使いこなせていなかったウォークインクローゼット。

奥行の浅いクローゼットに変更することで、
モノが一覧でき、取り出しやすい収納になりました。


また、お子さんが扉を閉めるときに手を挟まないよう、
デザインにも工夫しています。

そのほか、
将来を見据えて 手すりを取り付けたりと、

以前よりも住みやすさを感じていただけるよう
様々なリフォームを施しました。

子どもに優しいデザイン=大人にも優しいデザイン
です。

これで
今まで以上に、お孫さん達に楽しんで
遊びに来てもらえそうですね♪

お孫さんがせっかく遊びに来てくれても、
居心地の良くないおうちでは
長居してもらえませんよね。

こうしてリフォームすることで
人を自宅に招きやすくすることが、

「家開き」のはじまりです。

工事中に掲載したブログもご覧下さい(^^)↓
子育てを意識したリノベーション、現在工事中!

tana

アキ設計へのお問い合わせはこちら