こんにちは。
自宅を活用した人生100年時代の暮らし方を提唱するアキ設計です。

先日4年ぶりの大雪が降りましたが、
まだまだ身にしみる寒い日が続きそうですね。

家で快適に過ごすには、空調の管理も大事です。
家が寒いことは、健康にも良くありません。

最近の新築では床暖房が当たり前になっていることも多くなりましたが、
エアコンだけで寒さ対策をされている住宅が多いのも現状。

先日 アキ設計では、H邸の床暖房リフォームを終えたところです。

床暖房リフォームと一言で言っても、大きく「電気式」と「温水式」と分類されていて
温め方やコストが変わってきます。

また、床に直接貼る手軽な直貼り式と、段差を作らず新しく貼り替えるやり方等
工法の違いもいろいろ選択肢があります

そして 床暖は専用のフローリングしか使えないと思っている方も多いようですが
最近は選ぶフローリング床材やカーペットやクッションフロアなど
床材の自由度も増しました。床の仕上がりで雰囲気が全然違ってきます。

今回の熱源は施工もしやすく耐久性も高い
電気式の「床暖だん」を採用しました。

寒さを気にされていたH邸では、既存の床材をはがして しっかりと断熱材も充てんして
こだわりの床暖房対応チーク材にオスモクリア塗装を施した
無垢フローリングに貼り替えました。

15mm厚の無垢チーク材のフローリングです(ウッズマイスター社・特注)

断熱材はアレルギーの方にも優しいバージンウール100%のウールブレスを使用し
自然素材にこだわった床暖リフォームでした。

床暖房は、輻射熱で足元からじっくり温めるので
顔がほてるけど足元は冷える、といったことは起きません。
工事のあと、お客様にも 床暖房の暖かさ、無垢フローリングの感触を実感して
感激していただけたようです。

方法や素材をいろいろ考えながらの床暖リフォームでしたが
今回の床暖は電気式パネルシート工法で
実質の施工工期は2日間でした。

リフォームの進め方は様々。
ひとつ一つのことをしっかり考えながら
その家庭ならでは満足のできるリフォームで、
長く快適に過ごしていただきたいですね。