こんにちは。人と繋がる暮らし方「家開き®」を提唱する
横浜・川崎の女性一級建築士事務所 アキ設計です。

前回、STEP1で片付けのポイントをご紹介しましたが、
とても反響がありました!

(前回の記事↓)

自宅に人を呼びたいけれど、
片付けが苦手で なかなか呼べない方が多い、ということが分かりました。

今日は、片付けができた段階で、
人を招くSTEP2、

人を招くときの、
頑張りすぎないおもてなしのポイント

をお伝えします。

無理のない料理の出し方

人を自宅に招くとき、
片付けの次に悩むのが、おもてなしの料理。

何を作ろうか?何をサーブしようか?
悩みますね。

気軽に人を呼べるようになるには、
無理をしないことが大切です

  1. 配膳は主に「セルフサービス」で
    イメージはビュッフェスタイルです。

    オーナー一人で全員に配膳していると
    忙しくなり、会話もままならなくなるため、

    料理、取り皿、カトラリー、グラス、ナプキンなど、
    使う物はすべてテーブルの中央などとりやすい場所にまとめ、
    参加者各自で取り分けてもらいましょう。

    ドリンクは、カウンターや補助テーブルなど、
    少し離れた場所にドリンクコーナーとしてもうけておくと、
    飲み物がなくなったときでも、気軽に自分で追加できるので、
    お互いに気を遣う必要がありません。

  2. 料理は分担して「持ち寄り」にしても
    もっと気軽に人を呼べる家にするには、持ち寄りスタイルも楽しいもの。

    その際には、来てもらう人で
    前菜、サラダ、メイン、スイーツ、など担当分けしておくと
    料理の内容がかぶらず、招かれた人も悩まずに済みます。

    持ち寄りにしないのであれば、料理の仕上げを手伝ってもらうのも一つです。

 

集まってからの進め方も気楽に

さて、次は 
気をつかいすぎない、会の進め方です。

  1. 話のネタを用意しておく
    来る人の興味のありそうな本や雑誌を、
    予めテーブルに出しておきます。
    そうすると、話のネタが自然とつくられ、会話がはずみます。

    自分の趣味のものを集めたディスプレイコーナーをつくるのも、
    オーナーの個性が伝わり、会話のきっかけにもなります。

  2. 時には進行もお任せで
    気軽に人を呼べる家というのは、
    呼ぶ人自身が楽しめなくてはいけません。

    時には、友達や信頼できる人に進行役を依頼してもよいかもしれません。

  3. 音楽は配信サービスを活用
    今や、自分で音楽を選んでセットしなくても良い時代。

    ネットを通じた音楽配信サービスを活用し、
    その場の雰囲気に合わせた音楽をかけましょう。

 

無理のない部屋づくりの工夫

 

では次に、
来た人がくつろげる心地の良い空間を、
頑張りすぎずにつくるにはどうしたらよいでしょう?

  1. 気軽に腰かけられるものを用意
    ソファやダイニングチェア以外に、スツールやベンチ、ビーズクッションなど
    気軽に腰かけられるものがあると
    来た人も動きやすくなります。

  2. 気分転換できる場所をつくる
    たとえばベランダやお庭など、自由に出入りできる場所をつくっておくと、
    来た人が気分転換でき、特にお子様連れにも喜ばれます。
  3. トイレは予め分かりやすい表示を
    来た人が、オーナーに尋ねなくても分かるよう、
    分かりやすい看板を さりげなくトイレのドアに付けておくといいでしょう。

  4. 手洗いコーナーが玄関近くにあると便利
    これからリフォームをお考えの場合、
    玄関近くに手洗いコーナーがあると来客時に便利です。

    洗濯機や生活用品が雑多に置かれた洗面所に人を通すことなく、
    手を洗ってもらうことができます。

 

頑張りすぎないおもてなしのポイントまとめ

1、配膳はセルフサービス

2、会の進行もお任せで

3、来た人が動きやすい空間をつくる

 

つまり、
招く人も招かれる人も、気を使いすぎないことがポイントです。

来た人が、自宅と同じように動けて、
くつろげる時間をおもてなししたいですね。

 

次回は、年明けになりますが STEP3をお伝えします!

アキ設計では、住まいの設計はもちろん、
家開きに関するコンサルティングも行っています。