薪ストーブのある家

家族の将来を見据えた 定年後の住まい

子どもが独立した後のシニア夫妻と、そのお母さまのための木造平屋住宅。
足の不自由なお母さまのことを考えて、廊下の幅や床の段差に配慮したユニバーサルデザインの住宅です。
それぞれの趣味を楽しむ個室と、薪ストーブのある皆が集まるリビングで、親子3人が仲良く暮らしています。
広々としたリビングは、友人を呼んで音楽会をしたり、子ども家族が集まったりと賑やかな空間です。