サービス一覧


住みたい暮らしを一から形にします

自分らしく最新にリフォーム・価値ある暮らしにリノベーションします

トータルコーディネートで自分仕様のオーダー
空間を創ります


世界にひとつだけのオリジナルデザイン家具を作ります

はじめにお読みください

アキ設計では、設計した物件の建築設計図を全て保管しています。
建物の経年劣化時にもメンテナンス処置が可能になりますし、
建物の管理がしっかりしていることは不動産価値を保つ上でも欠かせないことです。

建築設計と工事監理

建築設計・工事監理とは
「建築設計」は 敷地、予算、性能・機能、求められるニーズ等の膨大な条件を総合的に判断し、最良の住まいを設計することです。
「工事監理」は 設計図通りに工事が進められているか、お客さまの代理で確認することです。

設計事務所が行う工事監理の役割
設計事務所は工事会社とは別の第3者の立場から、見積金額が妥当か、施工に問題がないか、厳しい目でチェックを行います。後に隠れてしまう部分についても、工事会社任せにしない体制でチェックを行います。設計から施工まで一貫して行う工務店やハウスメーカーには、この工事監理がありません。

設計事務所とハウスメーカー・工務店との違い

工務店
工務店は住宅を建てる建設業者です。施工が主な仕事で簡単な設計をする場合もあります。
ほとんどの工務店が地域密着型で 地元で工事するのでメンテナンスなど工事に関するきめ細かい対応が可能な場合が多いです。

ハウスメーカー
ハウスメーカーは「家を売る」ことを目的としていて、実際の施工は下請けの工務店が行うことがほとんどです。家(商品)がある程度規格化されていますので工期が比較的早いことがメリットです。大手のハウスメーカーは売上や資産の規模が大きく安定していることが安心になります。

設計事務所
設計事務所は、家づくりの「設計」と「工事監理」を担当します。家を建てる工事は別の工事会社が担当します。 
設計事務所はオリジナルの「設計」ができることが最大のメリットです。デザインだけでなく、工法や仕上げの素材やあらゆる細部にわたり自由度があります。
営業的な広告費用や中間業者がないので経費が抑えられることもメリットです。
設計事務所の「工事監理」は 設計図通りに工事が進められているか、お客様の代理で確認をすることです。工事会社とは別の第3者の立場でお客様の希望に沿った家づくりのお手伝いをします。

工務店やハウスメーカーには「工事監理」はありません。
そのため工事の都合が優先されてしまうことも少なくありません。
ですから 工務店やハウスメーカーの工事に対して「監理」だけする設計事務所もあります。