「好きな人と、好きな時に、好きなことでつながる」
自宅を活用した
人生100年時代の暮らし方

お家を活かして何かはじめたい、そんなお悩みはありませんか?
やりたかったこと、好きなことを 自宅を活かして始めてみませんか?
そろそろ自分のためにも、人のためにも何かがしたい、できるかもしれないと思っていても、
何が出来るのか、どうやったらいいのか、何から始めたらいいのか、迷っていませんか?
自宅だから、自分の好きなように自分のペースで始められます。
人が訪れる家は、風通しが良く世界が広がり、幸せが舞い込みます!
これからの新しい暮らし方「家開き」は、人とのリアルなつながりをもっと楽しみ、自分自身の可能性を広げて行きます!

こんな暮らしのお悩みありませんか?

それを解決するのが、アキ設計が提案する
「家開き」
という新しい暮らし方です。

目次へ戻る▲

家開きって何?
~「家開き」は私たちが提唱する「暮らし方」~

「家開き」とは、自宅を積極的に活用して、ほどよく人とつながる暮らし方。個人を尊重した自宅で行う小さく密な交流を促すもので、基本的にパブリック化しないものです。好きな人と 好きな時に 好きなことでつながる自宅での暮らし方です。
「流れる水は腐らず」という言葉があるように、個人宅に外部の風(その家の住民以外の人)を取り入れることで風通しの良い、世界が広がる暮らしが実現します。
※家開き誕生の経緯や想いなど、家開きについてもっと詳しく知りたい方は、「「家開き」とは」へ

目次へ戻る▲

私たちが提唱する「家開き」で、
暮らしのお悩みがこんな風に解決されます。

お悩み1

家族だけに頼った子育てや介護をするのは大変。

人の手を上手に借りましょう

自分たちだけではどうしても行き詰ってしまう子育てや介護。祖父母やシッター、ヘルパーなど人の手を上手に借りましょう。そのためには、家の中のどこに何があるか誰にでも分かりやすく、手伝ってもらいやすい環境を整えておく必要があります。

お悩み2

地域に知り合いがいない。

同じ趣味や関心を持つ仲間を探しましょう

自宅で仲間と好きなことができる空間を作ります。人を気楽に呼べる部屋にするために、ラクに掃除ができ、スムーズに片づけられる収納の位置や量を確保することがポイントです。

お悩み3

子育てがひと段落。得意を活かして教室を始めたい。

得意なこと、好きなことを自宅で始めましょう

教室やサロンだけのために部屋を確保するのはもったいないので、様々な使い方ができる間取りや家具にして、時間帯によって部屋の使い方が変えられるよう工夫しましょう。

お悩み4

定年後も社会と関わりを持って生きがいある暮らしをしていきたい。

これからの自分にできる「新しいこと」にチャレンジしましょう

これまでやってきたことだけではなく、これからの自分ができること、やりたいことを考えてみましょう。仕事や趣味、社会貢献などカタチは様々。新しいことを始めるのはハードルが高いという方も、自宅でなら大きな初期投資も必要なくリスクを抑えられ、自分のペースで続けやすいというメリットがあります。

お悩み5

高齢で外出が難しくなってきた。

お友達に自宅にきてもらいましょう!

友達が気楽に訪ねられる空間作りをします。家の中のものは家主だけではなく、訪れる人にも分かりやすく使いやすいようにシンプルであることが大切です。

目次へ戻る▲

「家開き」をおすすめする5つの理由

プライバシー重視から起きる家庭内問題を解決

現在の日本社会では、各家庭のプライバシーが重視されすぎていることが、虐待や家庭内暴力、孤独死といった問題の一端になっています。個人宅に外部の風(その家の住民以外の人)をとり入れることで、社会とのゆるやかな繋がりに支えられた安心な暮らしを実現できます。

納戸化した空き部屋の有効活用

子どもの独立後、納戸化してしまうことが多い空き部屋。教室や交流の場として活用することで、新たな楽しい人生が始まります。

新しい仲間との交流

定年後、特に男性は社会とのつながりが薄れがちで、長年同じ地域に暮らしていても近所付き合いが苦手で自宅に引きこもってしまう方もいます。音楽や将棋などの趣味を共通点とすることで、異世代とも繋がりやすく、自分の好きなことで自宅に人を招けるようになります。

空き家対策

老人ホームなどへの施設への入居は、空き家発生の大きな要因となっています。周りの人と助け合いながら、いつまでも安心して自宅で過ごせる環境が整えば、老後の不安のために健康なうちから施設に入ろうという考え方はなくなります。

100年人生に必要な生産性のある住まい

自宅を生活の場としてだけに使うのではなく、仕事や交流の場として有効活用することで、新たな人のネットワークや生きがい、収入が生まれ、住み慣れた街で最後まで自立して暮らすことが可能になります。

目次へ戻る▲

どんな人が家開きをしているの?

お家にいながらにして、何かをはじめたい方に、「家開き」はぴったりです。例えば・・・

  • 子育て中で外にでられないママ
  • 子育てがひと段落した主婦
  • 定年退職後の男性
  • 一人暮らしの方

目次へ戻る▲

いつから準備するのがいい?

年齢は関係ありません、気づいた時がタイミング。

家開きの準備に年齢は関係はありませんが、歳を重ねてから急に家開きをしようと思っても難しいのが現状です。子どもの独立時や定年退職をきっかけに家開きを始める方が多いです。しかし気づいた時からはじめましょう。

目次へ戻る▲

我が家でも家開きできるの?

家開きはご自宅で、誰でもはじめられます。

自分の家と少しの勇気があれば、誰でも家開きは始められます。友人や親族を一人、家に呼ぶことも、家開きの第一歩です。まずは親しい友人と気楽なお茶会から始めてみませんか?

目次へ戻る▲

わたしの家開き
~家開きをして、こんな暮らしをしています~

わたしの家開き1
自分の好きなことで教室を開く家開き

生徒さんにとって心地よい空間は、家族にとっても心地よい空間でした。自宅で始めた教室は、生徒さんにとって楽しいお菓子教室であると同時に、家族にとってはくつろぎのリビングダイニングです。片づけ易く、いつも綺麗にしておける家はお客様も友達も気軽に来ていただけるので、人の出入りが多くいつも賑やかな家になりました。そしてお菓子作りをホームサロンで出来るようになったことは、大好きな仕事を自分のペースでずっと続けていけることです。とても幸せなことだと感じています。
特注で作っていただいたテーブルは、どこにもない形で気に入っています。引き出しも付けて頂き便利ですし、作業性がいいように重くしていただいたのでパイ生地を伸ばしても、パンをこねても動いてしまうことがありません。

わたしの家開き2
共通の趣味の友人をお招きする家開き

白を基調にした明るくすっきりした空間は、手持ちのアンティーク家具と調和し素敵なインテリアになりました。特注で制作してもらった光が差し込む窓入り扉は私のお気に入りです。柱を利用して作って頂いた大理石カウンターは料理を並べることができ、アンティーク好きの友人をおもてなしする楽しい時間を持つことも度々です。

わたしの家開き3
家族みんなで楽しめる家開き

一階の多目的ルーム(サロン)は友人を招いてお茶会をしたり、おばあちゃんの絵の展覧会をしたり。部屋をシンプルなデザインにしたので、家族のどのような催しにも部屋を使えるので気にいってます。

目次へ戻る▲

大人世代の夢を叶える暮らし方「家開き」
あなたにピッタリの家開きの方法、見つけませんか?

更に詳しく知りたい方はこちら

「家開き」サービス詳細ページ(家開きデザイン:「家開き」という新しい住まいの形)では、
家開き誕生の経緯や私たちが家開きにこめた想い、家開きのパターン、
また弊社がモデルケースとして開放している「リビング元住吉」、施工の流れまで
「家開き」について詳しく紹介しております。是非サービス詳細ページもご覧ください。

「家開き」サービス詳細ページへ

ご相談はこちら

「家開き」を取り入れた住まいづくりについてのお問い合わせ・ご相談は、
お問い合わせフォームから承っております。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ問い合わせる