こんにちは。自宅を活用した人生100年時代の暮らし方を提唱するアキ設計です。

今日は、スタッフ個人の「家開き」の話をしたいと思います。

数年前、アキ設計スタッフだった私は
夫の転勤の都合のため 退職して広島に引っ越しました。
その後 私は、子供を二人出産し、
マイホームを建て、育児真っ最中の専業主婦となりました。

仕事と育児の狭間で悩むお母さんは多いと思いますが、
私もその一人だったのです。

「働きたいけど大切な子供との時間を減らしたくない。」という思いから
「子供がそばにいても、家で何かできることはないか?」と考えて
「ママによるママのためのワークショップハウス」を立ち上げることにしました。

育児中のお母さんは、なかなか自分を楽しむ余裕がないですよね。
その思いを共有して、育児しながらでも楽しめる場所を作りたかったのです。

我が家で開催するワークショップの内容は様々。
マクロビオティック料理教室、草木染め、アロマの講座などなど。

講師を務めるのは私ではなく、育児中のお母さん。
「ママのための」ワークショップなので、
講座中は、授乳してもいいし、
おむつ替えも気兼ねなくしてもらい、泣いても騒いでもOK!

ワークショップを開いたことで、
講師をしてもらった人には新たな道が開けたり、

参加してもらった人にも、
「こんな場所があるなんて嬉しい」と喜んでもらったり
私にとって嬉しいことがたくさんありました。

自宅でワークショップを始めたことで、
私も様々な刺激を受け、たくさんのものを得ることができました。

人を招くからには、家を綺麗にしなくてはなりません。
常に綺麗にしておくのは億劫かもしれませんが、
人が来るために綺麗にするのは、いいきっかけになります。

現在は 仕事に復帰したので、ワークショップの頻度は減るかもしれませんが、
この先も風通しの良い家でありたいと考えています。

写真は、我が家で行われた
「ハロウィンにむけたプリザーブドフラワーアレンジメントワークショップ」の時のものです。

参加者さんたちは、季節に合わせたインテリア小物を自分で作れる喜びを感じてくれ、
また 私も含め参加者さん同士の交流も増え、有意義なひとときを過ごすことができました。