こんにちは。「女性の暮らし方から、明日ー未来ーを変えていきたい」アキ設計です。

大人が考えるマイホームの理想は、
「くつろげる場所」
と答える方がほとんどです。

でも、子供にとっては、
家が「楽める場所」だと嬉しいですね。

家づくりでも工夫できることがあります。

例えば、
◆回遊できる動線をつくる

一方通行ではなく、回遊できる間取りにすれば、
家の中で追いかけっこができ、子供は喜びますね。

行き止まりがなく、
どこに行っても「つながっている」安心感は、
子供の精神面にも良いでしょう。

家事動線としても、メリットになります。

◆壁紙で遊び心を持たせる

最近の壁紙は、機能的なものも増え、
種類がとても豊富です。

黒板のようにお絵かきできる壁紙や、
磁石がくっつく壁紙にして遊んでみたり。

カラフルな色の壁紙を選んで、
ウオールステッカーを自由に貼ったり剥がしてみたり。
デザインを意識させる遊びにもつながります

◆隠れ家スペースをつくる

子供は隠れ家的な場所が大好き。
ちょっとしたスペースがあると、
そこを秘密基地にしたりして遊びます。

ロフトがあると
高い所も大好きな子供には最適ですが、

収納部屋の一部を利用してもいいでしょう。

まだ子供が小さく物が少ないうちは、
子供の遊び場としてあげましょう。

想像力が豊かに育ちます

◆ちょっとした外遊び気分を

こどもは、赤ちゃんの頃から、
外遊びが大好き。

でも、働くママは、
なかなかお外に連れて行く時間を
つくるのは難しいですね。

そんな時は、
バルコニーやウッドデッキで、
ちょとした外遊び気分を味わせてあげましょう。

バルコニーやウッドデッキが
ママの居場所から見える間取りだと安心です。

家に居ながら、少しでも、
自然の光や風を感じてもらいましょう

子供はどんどん成長していくので、
幼児期だけに焦点を絞って考えてはいけませんが、

子供の目線で
家づくりを考えることも大切です。

アキ設計へのお問い合わせはこちらまで