こんにちは。「女性の暮らし方から、明日ー未来ーを変えていきたい」アキ設計です。

先日からブログでお伝えしている
子育て中の共働き夫婦が家づくりを考えるにあたって
大事な3つのポイント。

楽になる家事動線
子育てがしやすい環境づくり
③自分が癒やされるスペースづくり

今日は、
③「自分が癒されるスペースづくり」
についてお話していきます。

働く子育てママの一番の悩みは、

時間がないこと。

家事や子育てに時間を追われると、
どうしても自分に余裕がなくなり、
ストレスも溜まりがち。

家の中に、
ママがほっと一息できる
くつろぎスペースをつくりましょう

最近では家事室をもうける家が増えています。

アイロンをかけたり、
ミシンをかけたり、
献立を考える本を並べたり。

お客様が入るリビングからは見えない間取りにし、
好きな物を飾ります。
家事をしながら、
自分だけの空間を楽しみましょう。

広さに余裕があれば個室が理想的ですが、
あえて個室でなくてもよいのです。

キッチンの横に、
買い置き食材などをストックしておく
パントリーを、広めにつくりましょう。

パントリーの一部をカウンターにし、
くつろぎスペースにしてもよいのです。

個別のスペースをつくることが難しい場合、

自分が癒されるものを見つける
のも一つの方法です。

子どもが寝静まった後、
ゆったりとくつろげる
お気に入りのソファと照明だったり、

キッチンまたはダイニングから眺める、
お庭やバルコニーのグリーンや光
だったり。

忙しい日々でも、
自分だけの時間を持つことが大切です。

家づくりを考えるにあたって、

自分は何をしている時が楽しいのか、
家でどうやってくつろげたら癒されるのか、
考えてみましょう。

 

アキ設計へのお問い合わせはこちらまで