こんにちは。「女性の暮らし方から、明日ー未来ーを変えていきたい」アキ設計です。

共働き夫婦の家づくりで忘れてはいけないことが、

「何がどこにあるのか」
一目瞭然の収納をつくること。

収納術のキホンとして、
「使いたい場所の近くにしまう」のが
生活動線を短く、楽にするため
大事なのですが、

こんな風に、リビングダイニングに
一つにまとまった収納があるのも、
使いやすいですね。

「あれはどこにしまってあったっけ…?」
といった事が減りそうです。

働くママの家では、
ママが不在のときでも、

パパだけでなく、
家事手伝いの人や
手伝いに来てくれた両親など、

誰にとっても分かりやすい収納
でないといけません。

子供のおもちゃや使う文房具などは、
子供が使いやすいように
低い位置にすることで、

「ママー、〇〇ちょうだい~」
「ママ、届かないから、〇〇とって!」
と言われることもありません。

子ども自身でやってもらうことで、
自立した子供を育てることにもつながります

先日工事が完了したお宅の収納では、

パソコンのプリンタも収納棚の中に収めました。

毎日使うものでなければ、
このように隠してしまった方がすっきりしますね。

ミニマムな暮らしを心掛けるのも、
余計な片付けストレスから解放されるためには
大事です。

子供がいるとなかなか簡単にはいきませんが…

いずれにしても

働くママは、
協力者を増やすことが必要です。

ママ一人で頑張る必要はないのです!

そのために、家事シェアしやすい家をつくりましょう。

アキ設計へのお問い合わせはこちら