こんにちは。
「住まいから、こどもの未来を変えていきたい」
横浜・川崎の女性建築士事務所 アキ設計です。

もうすぐ年末年始、
そろそろ大掃除の時期ですね。

いい機会です。

このタイミングで、収納を見直して
今後の家事の時短を図りましょう

年末年始はイベントも多く、
何かと慌ただしいのですが、

日々忙しい、働くママにとっては
ふだん収納を見直す時間はありませんよね。

パパがいる長期休暇が、絶好のタイミングです。

とはいえ、
大掃除と収納の見直しを
同時に行うのは、時間がかかります。

掃除はパパ(お手伝いできる年齢なら子どもも)、
片付けはママ、

といったように
はじめに作業を分担してみるといいと思います。

もしくは、

今日はキッチンだけ、
明日は玄関だけ、

といったように
その日行う場所を限定してもよいでしょう

収納を見直すときは、

「不要なものを処分する」ことはもちろんですが、

「ほんとうにそこにあるのが正しい場所なのか?」

を考えてみてください。

例えば、

シュークロークに、
滅多に使わない掃除道具や
1年に一度しか履かないスノーブーツが置いてあったりしませんか?

食器棚に、
ほとんど使わない来客用の食器が
使いやすい位置を占めていたり、

シンク下にも、滅多に使わない
大きな鍋が場所をとっていたりしませんか?

そして逆に、

「そこにあったら便利な物」

を考えることもポイントです。

例えば玄関でいうと、
働くママは、便利な宅配をよく活用するので、
カッターがあると便利です。

段ボールが届いたら、
部屋まで入れずに玄関で段ボールを解体すれば、
捨てる手間が楽になります。

夏場なら、子どもには欠かせない虫除けスプレーを
玄関に置いておけば、
出かけるときにサッと一吹きしてからお出かけできます。

食器棚なら、
子どもが手の届く位置に
子どもの使う食器を入れれば、自分で運んでくれます。

シンク下なら、
シンクに使う掃除道具、

ゴミ箱の近くにゴミ袋、

といったように考えていきます。

当たり前のようなことですが、
意外と、
見直してみると「アレっ?」と気付いたりするものです。

まずは、
見直してから、大掃除を始めてみましょう。

収納を見直すことで、
これからの家事がグンと楽になりますよ

そして、人も招きやすくなります(^^)

アキ設計へのお問い合わせはこちら