こんにちは。「女性の暮らし方から、明日ー未来ーを変えていきたい」アキ設計です。

意外と知られていない、リフォームの意義。

皆さんは、なんのためにリフォームをするのでしょうか?

現状の不具合に対処するため、
汚れてきたからキレイにする、

だけではなく、
リフォームをすることには、もっと大切な意義があります。

「資産の下がらない家にする」という大きな意義があるのです。

リフォーム後の図面はありますか?

首都圏に多い空き家対策から、
今は中古住宅が見直されています

住宅市場では、
リノベーション物件が多く流通するようになりました。

ただし、
住宅の性能を正しく評価するためには、

図面があることが必要になります。

安い・早いだけで
図面もない表面的なリフォームでは
資産価値は生まれませんが、

設備の配管図面など、

見えない部分まできちんとリフォームされていることが

資料や図面できちんと分かるようになっていると、
その住宅の資産価値が上がるのです

そして、次のリフォームの際の参考にもなります。

またリフォームには、

他にもたくさんのメリットがあります。

①光熱費が下がる

断熱リフォームをすることで、冷暖房の使用が抑えられ、
電気代の節約につながります。

また、
節水型トイレに変えて水道代を下げたり、
照明をLEDに変えて電気代を下げるなど、

省エネ製品を使えば、
日々のランニングコストを抑えることにつながります

②医療費が下がる

健康的に暮らせるリフォームをすることで、
結果的に医療費を抑えることにつながります。

寒い家は健康へのリスクが大きいことが分かっています。

断熱リフォームを施すことで、
寒い冬でも、室内の温度変化が少なく、
脳卒中や心筋梗塞などのリスクを減らすことができます。

③命を守る

防災対策としてのリフォームも大切です。

耐震リフォーム以外にも、

例えば 安全装置付きのコンロに取り替えたり、
家具転倒を防ぐために造り付け収納にリフォームしたり、

様々な方法が考えられます。
(詳しくは「安心して暮らすための防災リフォームとは?」)

「安い」「早い」お手軽リフォームは

その場はうまくリフォームできていても、

見えない部分で不具合が起きたり、
体に良くない安価な素材が使われて健康被害が起きたり、

結果的に費用が多くかかることが考えられます。

資産価値を下げることなく、
安心して暮らせる家にリフォームすることをオススメします。

アキ設計へのお問い合わせはこちらまで